• 自由に食べて会話ができる鉄板焼き会食

    大衆グルメの流行から鉄板焼きというとお好み焼きや、やきそばというイメージを思い浮かべる人も少なくありません。


    家族や友人たちと鉄板を囲んで、世間話に花を咲かせながら胃袋を満たす時間というのはとても楽しいものです。

    しかし、同じ鉄板焼きでも会食を行えるような高級なお店もあります。会食は気の合う仲間と雑談をおこなうだけでなく、あるひとつの目的をもって寄り集まった人たちで、真面目な話をする場合もあります。


    鉄板焼店の良いところは、いつでもできたてのものを口にすることができるということです。


    会食において懐石料理が出てきた場合、人によって食事をするペースが異なり、料理の残量に差がでてきてしまいます。鉄板焼きは基本的にシェフが目の前で焼いて提供してくれますので、ペースを気にする必要もなく、食べるタイミングに迷うこともあまりありません。
    食べるときは料理に集中し、議論を行うときは話に耳を傾けることができます。また、話の途中で中居が入ってきて料理の説明を始めることもありません。

    お客の側が知りたいことだけを目の前のシェフが答えてくれます。会話の流れが途絶えることもありません。

    共同通信社選びをサポートするサイトです。

    好き嫌いを気にする必要がないところもメリットです。
    御膳として提供されたものは、目上の人との会食であると残してしまうわけにはいきません。



    鉄板焼きであればあらかじめ食材をシェフに伝えておけば、それを避けて焼いてくれます。



    食と会話を自由にしてくれるのが、鉄板焼き会食のメリットです。